マンション大規模修繕を行う場合

マンション大規模修繕を行う場合は、基本的には修繕維持費で行うことになります。毎月、マンションの住民で積み立てている経費で、外壁の修繕やエントランス部分の改装、通路部分の改修費用などを行うための費用とされています。マンション大規模修繕を行う場合は、例えば外壁工事であれば劣化部分の補修や塗装工事でしょう。屋上を除く全面部分に足場を設置し、さらに養生シートなどの施工を行い塗装工事をするのでとても大きな費用となることが一般的です。また、塗装工事を行っているときには洗濯物を外に出すことが難しく、窓を開ける期間も限られているでしょう。そのためマンション大規模修繕を行うときには、短期間で行うことができるようにできるださまざまな状態が良いときに行われることが一般的です。外壁塗装工事であれば、梅雨時期などは避けて乾燥している季節に短期間で行われます。

マンション大規模修繕とても重要な仕事です

マンション大規模修繕はそこに住んでいる限りは避けては通れないでしょう。資産価値を維持していくためには定期的に行っていかなければいけません。またそれは安全に生活をするという意味でもとても重要なことです。最初に購入した時点ではあまり詳しい話がなかったという人もいるかもしれませんが、実際はとても時間をかけて準備をしなければいけないためとても手間のかかる仕事になります。ただいけない部分だけを修繕すればいいという簡単な事ではなく、何カ月も前から下調べをして準備をすすめなければいけないでしょう。だいたい2年くらい前からその準備は始まりますが、現状の把握と住民への連絡、理解を求めたりなど最初からすることは山ほどあるでしょう。大規模修繕ではマンション住人から代表を選出して話をすすめていきますが、詳しい全体像を知るために立候補する人もいるようです。

マンション大規模修繕合意が必要

マンション大規模修繕はとても時間と手間のかかる仕事です。ただこれからもマンションに住み続けるためには必要になってくることです。マンションの全体を把握し、修繕が必要な部分を決めていきますが、勝手に決定することはできず住民の合意が必要になります。それもまた大変な作業ですが、そこに住んでいる人の合意を得るために準備も必要になってくるでしょう。修繕に携わる人は現状把握とそれを住民に伝え合意を得るという事をこなしていかなければいけません。また費用については事前に修繕引当金が積み立てられていますが、場合によってはそれでは足りないこともでてくるでしょう。一時的に住民からお金を集めたりすることもあります。また金額によってはどこかから借り入れを行うなど資金繰りについても検討しなければいけないでしょう。とても時間のかかる作業です。